はじめに

今回はPHPの配列関数「array_push」についてです。途方もないようなPHPコードを読んでいたときに、ちょっと気になって調べたので、簡単に残しておきます。

Contents

array_pushとは?

IT用語辞典e-Words「プッシュ」のページにこのように書かれています。
「プログラミングの分野で、スタックなどのデータ構造で新たにデータを追加する操作や命令をプッシュという。逆に、スタックなどから最も最近追加されたデータを取り出す操作や命令は「ポップ」(pop)という。」

そして、「array」は言うまでもなく「配列」。つまり、名前の通り、配列の最後にデータを追加するんですね。

サンプル

それでは、サンプルコードを見てみましょう。
まずは、1次元配列。

<?php
    $stack = array('1', '2');
    array_push($stack, '3', '4');
    print_r($stack);
?>

結果は、次のようになります

Array (
 [0] => 1
 [1] => 2
 [2] => 3
 [3] => 4 
)

次に、2次元次元配列。

<?php
    $array1 = array('1', '2');
    $array2 = array('3', '4');
    $stack = array($array1);
    array_push($stack, $array2);
    print_r($stack);
?>

結果はこう。

Array (
 [0] => Array (
         [0] => 1
         [1] => 2
        )
 [1] => Array (
         [0] => 3
         [1] => 4
        )
)

0番目に$array1が入っていた$stackの1番目に$array2が追加されました。

参考サイト